>> 5ml トライアル販売中

プラセンタ(胎盤)は生命の始まりの臓器であり、大昔から若返りや難病の治療に使われてきているように、
単なる栄養源というだけでなく、生理活性物質の宝庫としても研究が進められています。日本においても多くの芸能人の方などが、きれいな素肌と健康を手に入れるために、注射、経口、塗布など、様々な方法で体に取り入れる事を積極的に行っていることで知られるようになりました。特に最近では、肌につける美容化粧品として一般的に使われるようになってきました。
ただ残念ながら、表皮にすら浸透しない多くの化粧品では、いかにプラセンタ配合であっても、その効果はほとんど得ることはできません。美肌・美白作用で注目されているプラセンタは、表皮層深く、さらには真皮層においてその効果を最大に発揮する成分であり、いかに肌の奥へ送り届けるかが重要なテーマとされてきました。

そこで、このプラセンタ効果を最大限に活かすべく、先進のテクノロジーと創薬の発想により誕生したのが、
<INSQUARE アクティブ スキンジェル>です。





この<アクティブ スキンジェル>に配合しているP‐Pコンプレックス(※注1)は、皮膚のバリアを破壊せずに皮膚から薬物を吸収させるDDS(ドラッグデリバリーシステム)機能をもっています。このDDSという先進新技術を用いて、角質層(皮膚表面)にゲルマトリックス構造(水分をしっかりとじこめる3次元立体網目構造)を構成します。つまり、死んだ細胞に水分を維持する機能を持たせるのです。
ちなみに角質層の理想的な水分量は角質層全体の10%から30%と言われますが、角質層内の水分保持能力が弱いと、入る水分量より出て行く水分量が増え皮膚が乾燥します。保湿美容液で肌に水分補給をなどと一般に考えられますが、角質層が水分を保持する力が不十分ならば、一時的に潤ってもすぐに水分は逃げていき、肌は乾燥することになります。<アクティブスキンジェル>は、肌表面を一時的な潤いをあたえるだけではなく、
不感蒸泄(※注2) により皮膚から蒸発してくる水分をとらえるまったく新しい技術に基づく保湿美容液です。
つまり、内側と外側から水分を捕まえてウォーターバリアを形成する。これがまさにゲルマトリクス構造の効果なのです。

※注1 P‐Pコンプレックス
アルギン酸(多糖類)とリン酸を複合した化粧品の基剤
※注2 不感蒸泄
皮膚内部の水分が角質層を通して蒸発すること


 





<アクティブ スキンジェル>は、P‐PコンプレックスのDDS機能により、高濃度配合のプラセンタが、表皮層はおろか真皮層にまで到達する事をが可能になりました。
プラセンタの有効成分はビタミン、ミネラル、蛋白質、酵素、アミノ酸、繊維芽細胞増殖因子等各種因子など、さまざまですが、いずれも表皮層、真皮層において有効な成分です。
従来のプラセンタ美容液では、肌表面にとどまっていたプラセンタ有効成分を、<アクティブ スキンジェル>は、より多く、表皮層、真皮層に届けることにより、プラセンタの優れた効果を発揮することできるのです。





1. 皮膚のターンオーバーを正常化
 → キメを細かくする
2. メラニンの産生を抑制 → シミ予防・美白効果
3. コラーゲンやエラスチンの生成 → シワ予防
4. 血行を促進 →老化防止
5. アレルギー、炎症を抑える →アトピー性皮膚炎、ニキビなどの肌質改善





●プラセンタとは
プラセンタ(Placenta)は英語で「胎盤」のこと。
私たち哺乳動物は、胎児の発育において必用不可欠な組織です。
母親のおなかの中でわずか10ヶ月の間に、1個の受精卵を平均3kgまでに育て上げるという驚異的な働きをもっています。したがって胎児の成長に必要な栄養素や生理活性物質が胎盤に蓄えたれています。


●プラセンタの歴史
プラセンタの歴史は古く、紀元前 「西洋医学の父」 と呼ばれるヒポクラテスが治療に利用していたといいます。古くはクレオパトラやマリーアントワネットが、近代ではエリザベス・テーラーやマリリン・モンロー、オードリー・ヘップバーンが、若返りと美容の目的でプラセンタを愛用していたといわれています。
日本では出産の際「へその緒」をとって置く習慣がありますが、これも元来薬用のためで、その子供が病気になったとき煎じて飲ませることにより、大病から身を守れるという言い伝えがあります。胎盤では保存ができませんが、「へその緒」なら大丈夫だということで、その代用とされたようです。

●自然治癒力を呼び覚ますプラセンタ
プラセンタの最大の特徴として「自然治癒力」の増大があります。豊富な栄養成分と薬理作用により、細胞を活性化させ、栄養をどんどん吸収することができ、血管を強く、神経を正常に、ホルモン、免疫機能を改善し、体内に入った外敵を排除して健康を守っています。その他にも、炎症を抑え、壊れた組織の修復を促進し、毛細血管の血液循環をよくする働きがあり、体内において本来あるべき状態に戻そうとします。
いわば、正常な状態に限りなく近づけてくれる「若返り」の自然薬です。






高濃度配合のヒアルロン酸が角質層表面にとどまることにより、水や保湿成分をより効果的に角層内に保持し、保湿効果を最大限にアップ!ゲルマトリックス構造による皮膚からの不感蒸泄(皮膚内部の水分が角質層をとおして蒸発すること)を抑えることと相乗効果で、お肌の乾燥をストップさせます。
これはまさにまったく新しい保湿美容液と言っても過言ではないでしょう。
ぜひ、この<アクティブ スキンジェル>で、プラセンタの美白、細胞活性による若返り、そしてヒアルロン酸の保湿能力が最大限に肌に働きかける力を実感してください。

 


>> ページのトップに戻る