English>>

ニーズに120%応える化粧品のご提案! 特許技術・オリジナル処方で提供できるアイテム紹介 柔軟に対応できるロット・コスト・納期 「売れる」商品づくりと事業の成功をサポート!
トラストウイングスの実績 インスクエアへリンク エスコ株式会社へリンク お問い合わせ株式会社トラストウイングスTEL03-5784-1936(平日10:00~18:00)FAX03-5784-1937
        ら  英数
    
<化粧品成分名> <成分説明>
ラウリルベタイン 植物油などから得られた脂肪酸または脂肪酸アルキルエステル、アミノ酢酸ベタインなどから合成される両性界面活性剤の代表的な原料です。
水によく溶け、幅広いpHで安定性が高く、低刺激、増粘効果、泡立ちをよくするなどの特長を持っています。シャンプーやリンス、ボディシャンプー、ハンドソープなどに使われています。
ラウリル硫酸Na ラウリルなどのアルキル基とナトリウム、トリエタノールアミンから合成された薄黄色の液体。
アニオン界面活性剤の代表的なもので、古くからシャンプーなどに使われています。
ラウリン酸 ヤシ油やパーム核油などの油を加水分解したのち蒸留精製して得られる。
ラウリン酸から水酸化カリウムやトリエタノールアミンで中和して得られる石鹸は、水に溶けて泡立ちがよく、液体石鹸、シャンプーなどに使用される。
また、還元して得られるラウリルアルコールは洗剤の原料となる。
ラウレス硫酸Na 洗浄剤、乳化剤。
ラウロイルメチルアラニンNa 皮膚、毛髪に対する感触の非常によい安全性の高いアニオン界面活性剤です。
適度な洗浄力と脱脂力をもっています。
ラウロイル加水分解シルクNa 加水分解シルクとラウリン酸との縮合物のナトリウム塩の水溶液です。
起泡性、洗浄性を持つが比較的脱脂力が弱く、皮膚や毛髪に対して、保護、湿潤、柔軟作用を示すため、シャンプー、コンディショナーなどに使用される。。
<化粧品成分名> <成分説明>
リシンHCl ほとんどすべてのたんぱく質の構成アミノ酸として存在する。天然のリジンと同一構造である。
角質層に含まれるNMFに多量に含まれるアミノ酸の一種であり、皮膚に柔軟性や弾力性を与える。肌荒れ、あかぎれに有効で、保護クリーム、軟膏類に用いられています。
リン酸アスコルビルMg リン酸型ビタミンC誘導体。
美白作用、コラーゲン合成促進作用、過酸化脂質抑制作用などがあり、美白化粧品や紫外線で傷んだ肌を修復し、みずみずしい肌を保つための化粧品に配合されています。
<化粧品成分名> <成分説明>
ルシノール メラニン色素合成の重要な酵素チロシナーゼのチロジン受容部を塞ぐことによって抑制する美白メカニズムの美白成分です。
シミやそばかすを防ぐ化粧品に配合されています。
<化粧品成分名> <成分説明>
レシチン 動植物に欠かせない生体成分の一つであるリン脂質です。
化粧品原料としては、大豆や卵黄から抽出されています。一つの分子内に親水性の部分と親油性の部分を持つ天然の界面活性剤です。
界面活性の働きは、単独で乳化剤として使えるほど強くなく、様々な乳化剤や油剤などを組み合わせて、幅広く用いられている原料です。
特に最近は、生体膜の構造を参考にしたリポソームや多重層のラメラ構造という生体親和性の高いベースづくりに多く利用されています。
レモンエキス クエン酸、ビタミンA、B、C、Pなどの成分を含む。
収れん作用、保湿作用、細胞賦活作用などがあり、皮脂の分泌を調整し、スッキリと肌を引き締めます。
化粧水、クリーム、乳液、リンス、ボディローションなどに使用されています。
<化粧品成分名> <成分説明>
ロイシン アミノ酸。
肌の感触をなめらかに整えたり、毛髪のコンディショニング効果を目的に使用されています。
ローズヒップ油 バラ科植物「ローズヒップ」の種子を搾って得られるオイルです。
皮膚柔軟効果が高いので、肌荒れを防ぐ目的でクリームや乳液に配合されています。
ローズマリー葉エキス シソ科植物「マンネンロウ」の葉、花から抽出した芳香性のあるエキスで、精油、フラボノイド、タンニンを含み、特にロズマリン酸を多く含んでいます。
抗菌性、抗酸化効果、消炎効果に優れているので、アンチエイジング用、肌荒れ用、ニキビ用など多くの化粧品に配合されています。