English>>

ニーズに120%応える化粧品のご提案! 特許技術・オリジナル処方で提供できるアイテム紹介 柔軟に対応できるロット・コスト・納期 「売れる」商品づくりと事業の成功をサポート!
トラストウイングスの実績 インスクエアへリンク エスコ株式会社へリンク お問い合わせ株式会社トラストウイングスTEL03-5784-1936(平日10:00~18:00)FAX03-5784-1937
      ま    英数
    
<化粧品成分名> <成分説明>
マイカ 原石である白雲母、金雲母を粉砕して得られた含水ケイ酸アルミニウムカリウムを主体とする板状粉体です。
表面がスベスベした性質があるので、ファンデーションや白粉などに、のびやすさ、つやを出すなどの目的で配合されています。
マルチトール マルトース(麦芽糖)の還元により合成されている白色の粉末です。
感触がよく保湿効果も高いので、乾燥から肌を守る化粧品に配合されています。
マロニエエキス トチノキ科植物「セイヨウトチノキ(マロニエ)」の実または葉から抽出したエキスで、エスシンというトリテルペンを中心に含んでいます。
収れん効果、消炎効果に優れているので、アストリンゼント化粧水をはじめとして、肌荒れ防止の目的で配合されています。
<化粧品成分名> <成分説明>
ミネラルオイル エモリエント剤、保護剤、溶剤、ヘアコンディショニング剤、香料、皮膚保護剤。
ミリスチン酸 ヤシ油やパーム核油を加水分解したのち蒸留精製して得られる、白色の油性の固体です。
そのまま化粧品に用いられることは少なく、エステルの原料として使われている。
特にミリスチン酸イソプロピルは広く使われています。
ミリスチン酸石けんは、おだやかな洗浄性や泡立ちの面から、石けんの原料の中では最も優れているといわれている。
ミリスチン酸イソプロピル ミリスチン酸とイソプロパノールのエステルで、無色透明な粘度の低い油液です。
IPMの名称で広く知られ、化粧品用油性原料として使用される高級脂肪酸のアルコールエステルの代表的なものです。
皮膚に対して浸透性がよくソフトでさっぱりとした感触を与える。
化粧品基材、溶解剤、エモリエント剤など様々な用途に用いられています。
<化粧品成分名> <成分説明>
ムクロジエキス ムクロジ科植物「ムクロジ」の果皮から抽出したエキスで、天然の界面活性剤であるムクロジサポニンを含んでいます。
洗浄効果があるのでクレンジングや洗顔料に配合し、肌に優しいことを特長にする化粧品に使われています。また、乳化を助ける目的で、乳液やクリームに使われることもあります。
<化粧品成分名> <成分説明>
メチルセルロース 綿花からとれたリンターセルロース(綿の細繊維)を基に化学的にメチル化して得られる。
水溶液は粘性があるので、製品の安定性や感触の改良の目的で使用されています。
メチルパラベン パラオキシ安息香酸メチル。
防腐剤。
メドウフォーム油 リムナンテス科植物「メドウフォーム」の種子から得られたやや黄みがかった液状オイルです。
脂肪酸組成は、エイコセン酸を主体とするトリグリセリドで、肌につけるとコクを感じます。
柔軟効果、水分の蒸発を防ぐ効果に優れており、使用感にコクやリッチな感触を与える目的で乳液やクリームなどへの配合に適しています。
メトキシケイヒ酸オクチル 紫外線吸収剤。
メマツヨイグサ種子エキス アカバナ科のメマツヨイグサ(月見草)の種子から得られるエキスで、ポリフェノールの含有率が高く、優れた抗酸化力をもつ。
また、チロシナーゼ活性阻害作用があり、美白効果も期待できる。
メリッサエキス シソ科植物「コウスイハッカ」の葉から抽出されたエキスで、シトラール、リナロールなどの精油、タンニン、フラボノイド、ロズマリン酸などを含んでいます。
収れん効果、鎮静効果、消炎効果などがあり、肌をきめ細かく整える目的や肌荒れを防ぐ目的で配合されています。
育毛やフケ、カユミの予防にシャンプーや育毛料にも配合されています。
<化粧品成分名> <成分説明>
モモ葉エキス バラ科植物「モモ」の葉から抽出したエキスで、タンニン、ニトリル配糖体を含みます。
抗菌効果、消炎効果、収れん効果があるのでニキビなどの肌トラブルの予防を目的にする化粧品に配合されています。