English>>

ニーズに120%応える化粧品のご提案! 特許技術・オリジナル処方で提供できるアイテム紹介 柔軟に対応できるロット・コスト・納期 「売れる」商品づくりと事業の成功をサポート!
トラストウイングスの実績 インスクエアへリンク エスコ株式会社へリンク お問い合わせ株式会社トラストウイングスTEL03-5784-1936(平日10:00~18:00)FAX03-5784-1937
 か         英数
    
<化粧品成分名> <成分説明>
カキ葉エキス カキノキ科植物「カキ」の葉より抽出したエキスで、成分としてタンニンを非常に多く含み、ケンフェロール類なども含んでいます。
強い収れん効果があるので、肌を引き締め、キメを整える目的で配合されています。
また、保湿効果や消炎効果もあることから、肌を健康に保つ商品に広く応用が可能です。
加水分解ケラチン ケラチンタンパク質を加水分解して得られるポリペプチドの水溶液です。
ケラチンは、表皮の角質層や毛髪、爪などに含まれるたんぱく質であり、含硫アミノ酸(イオウ原子を含むアミノ酸)であるシスチンが多量に含まれている。
同じケラチンタンパク質からできている皮膚や毛髪への親和性が高いので、保湿性の保護膜によるコンディショニング剤として使われています。
加水分解酵母エキス 皮膚コンディショニング剤。
加水分解コラーゲン 保湿効果に優れ、肌や毛髪の表面でしなやかな保護膜を作るので保護効果に優れています。
加水分解の仕方でコラーゲン分子の大きさが異なり、小さなものは表面近くの角質層の内部に浸透して保湿柔軟効果の高いものもあります。
加水分解シルク 絹線維を希硫酸溶液で抽出後精製して得られた粉末です。
成分としては水に溶けるポリペプチドを含みます。
保湿効果、皮膜形成効果があるので、広くスキンケアからヘア製品まで使われています。
加水分解水添デンプン 湿潤剤。
カッコンエキス クズの乾燥根から得るエキスです。生薬名は葛根(カッコン)で、イソフラボン配糖体、ダイジンなどを含む。
保湿、美白などを目的に使用されるが、高いコラーゲン合成促進作用が注目。シワ・たるみ改善作用を有する素材として期待されています。
褐藻エキス 褐藻類、紅藻類、緑藻類などの全藻からメカブを抽出して得られたエキスです。成分としては、粘液質のカラギーナンやアミノ酸、糖類を多く含んでいます。
保湿効果に優れており、乾燥から肌を守り、ハリの実感できる成分として応用されています。引き締まった保湿性の保護膜は、パックなどのベースにも適しています。
カミツレエキス キク科植物「カミツレ」の花から抽出されたエキスで、メラノサイトに対しメラニン色素を作るよう指令する生体成分エンドテリンの働きを抑制して、メラニン色素の精製を抑制する美白効果のある成分です。
カルボマー 親水性増粘剤、乳化安定剤。
カンゾウ根エキス マメ科植物「カンゾウ(甘草)」の根または茎からから抽出したエキスです。グリチルリチン酸を特徴的に多量含んでいます。その他成分としてもテルペノイドやフラボノイドを含んでいます。
強力な消炎効果があり、肌荒れの予防化粧品や、ニキビの予防や悪化を防ぐ目的で多く配合されています。ヘア製品では、フケ・カユミを防ぐ目的で使われています。
その他、酸化防止剤や皮膚コンディショニング剤、保湿・湿潤剤として配合されます。
カンフル クスノキの原木を細片とし、水蒸気蒸留して得られる。
ヘアトニックやカラミンローションなどに配合される。
可塑剤、香料、変性剤、外用鎮痛剤。
<化粧品成分名> <成分説明>
キサンタンガム ブドウ糖など炭水化物をキサントモナス属菌を用いて発酵させて得られる微生物由来の天然のガム質です。
乳化の安定性を高めたり、感触の改良の目的で配合されます。肌表面で保護膜をつくり保湿性が高いので、保湿クリームや美容液に使うと効果的です。
結合剤、親水性増粘剤、乳化安定剤、乳化剤、皮膚コンディショニング剤。
キシリトール サトウキビの搾りかすなどから得られるキシランから還元などの処理をして合成される白色の結晶または結晶性の粉末で、水に溶けやすい性質があります。
保湿効果が高いので、乾燥から肌を守るクリームや乳液、美容液への配合に優れています。
キトサン カニやエビなどの甲殻類の殻(外骨格)に含まれるキチンという多糖類を、アルカリで処理して得られる成分です。
保湿効果が高いので、乾燥から肌を守るクリームや乳液、美容液への配合に優れています。
キュウリエキス ウリ科植物「キュウリ」の果実から抽出したエキスです。主な成分は、ビタミン類、有機酸類、糖類、フラボノイド類です。
保湿効果に優れているので、乾燥から肌を守る化粧品に配合されます。
穏やかな収れん効果もありますので、肌のキメを整える化粧品にも使えます。
<化粧品成分名> <成分説明>
グアイアズレンスルホン酸Na グアイアズレンは、ハマシビ科植物「ユソウボク」の精油から精製加工して得られる青色の固体、または液体で、様々な油脂類に溶けやすく、水には溶けない性質があります。
グアイアズレンスルホン酸Naは、グアイアズレンのスルホン酸塩で、水溶性のグアイアズレン誘導体である。
優れた抗炎症作用があり、石鹸、シャンプー、洗顔料、さらに基礎化粧品、メイクアップ化粧品、頭髪用化粧品に使用される。
クインスシードエキス バラ科植物「マルメロ」の種子から抽出した、グルコース、ペクチン等の糖類や多糖類を多量に含む粉末状にエキスです。水に溶かすと粘性が出ますが、べとつかず、サッパリとした感触を持っています。
持続的な保湿効果に優れているので、保湿美容液や化粧水に多く使われています。また、とろみのある化粧品を作るための増粘成分としても使われています。
クエン酸 柑橘類の果実に多く含まれている有機酸で、動植物界に広く分布しています。原料としては、デンプン類を発酵させて作られています。通常、動植物内には、ナトリウムなどの塩類として存在しています。
収れん効果、pH調整効果などがあり、肌のキメを整え、健康な状態を保つ目的で配合される。
その他、キレート剤、pH調整剤、香料など。
クエン酸Na クエン酸を炭酸ナトリウムで中和して製造されています。
保湿剤、緩衝剤、キレート剤、pH調整剤、香料など。
グリコシルトレハロース トウモロコシデンプン由来の糖質。
高い保湿力のほか、紫外線によるダメージからの保護・肌荒れ抑制などに効果がある。
グリシン 動物性のたんぱく質に含まれるアミノ酸。
保湿効果が高く、多くの化粧品配合成分との相性も良いので多くの製品に配合されています。
緩衝剤、皮膚コンディショニング剤、ヘアコンディショニング剤、香料など。
グリセリン 無色のやや粘性のある液体で、水分を吸収する性質があります。
吸水性が高いことから、保湿効果を目的に幅広い化粧品に配合されています。
口腔衛生剤、口腔ケア剤、粘度低下剤、ヘアコンディショニング剤、変性剤、保護剤、保湿・湿潤剤、保水剤、香料。
グリチルリチン酸2K マメ科植物「カンゾウ(甘草)」の根または茎から抽出し、精製したグリチルリチン酸のカリウム塩で、水によく溶けます。
強力な消炎効果があり、肌荒れの予防化粧品や、ニキビの予防や悪化を防ぐ目的で多く配合されています。
グルタミン酸 天然たんぱく質中の主要構成成分で、遊離の状態で生体組織や食品中に広く存在している。
グルタミン酸は、多くの物質の生体内代謝に重要な役割を果たすアミノ酸です。
ヘアコンディショニング剤、保湿・湿潤剤、香料など。
<化粧品成分名> <成分説明>
ゲットウ葉エキス ショウガ科植物「ゲットウ(月桃)」の葉から抽出されるエキスです。
コラーゲン合成促進作用、コラゲナーゼ(コラーゲン分解酵素)阻害作用、繊維芽細胞増殖作用があり、肌にハリや弾力性を保つ抗老化素材として基礎化粧品に使用される。
ゲンチアナエキス リンドウ科植物「ゲンチアナ」の根または茎から抽出されるエキスです。苦味のあるセコイリドイド配糖体をはじめとする生理活性作用のある成分を多く含んでいます。
血行促進効果や消炎効果が生薬として確認されていることから、肌荒れの防止、抗老化化粧品のほか、育毛用の化粧品に配合されています。
<化粧品成分名> <成分説明>
コーヒー種子エキス アカネ科植物「コーヒーノキ」の種子から抽出したエキスです。
収れん効果、保湿効果があるので、引き締まったキメの細かい肌に整える目的で化粧水、美容液、乳液、洗顔料などに配合されています。
コカミドDEA ヤシ油脂肪酸とジエタノールアミンを縮合して得られる含チッ素系の非イオン性界面活性剤です。洗浄剤に添加した場合、泡の安定性、増粘、起泡、洗浄性を高めるなどの相乗効果があり、シャンプーなどに応用されています。
起泡剤、親水性増粘剤。
コカミドプロピルベタイン 起泡剤、親水性増粘剤、洗浄剤、帯電防止剤、皮膚コンディショニング剤、ヘアコンディショニング剤。
コカミドメチルMEA 起泡剤、粘度調整剤。
コケモモエキス コケモモの葉や果実から得られる抽出エキスです。
同じツツジ科のヨーロッパ産のウワウルシと同じく配糖体のアルブチンを多く含み、このあるブチンにはメラニン生成抑制作用があることが知られている。また、皮膚常在菌であるアクネ菌のリパーゼ(皮膚に悪影響を及ぼす遊離脂肪酸をつくり出す酵素)活性阻害効果があることも報告されており、皮脂コントロールの素材として期待されている。
ココイルグリシンK ヤシ油脂肪酸とグリシンからなるN-ヤシ油脂肪酸アシルグリシンのカリウム塩です。
中性からアルカリ性において豊かな泡立ちが得られ、さっぱりとした感触で肌に優しいアニオン界面活性剤です。
ココイルグリシンNa ヤシ油脂肪酸とグリシンからなるN-ヤシ油脂肪酸アシルグリシンのナトリウム塩です。
中性からアルカリ性において豊かな泡立ちが得られ、さっぱりとした感触で肌に優しいアニオン界面活性剤です。
ココイルグルタミン酸TEA グルタミン酸と脂肪酸から構成されるN-アシルアミノ酸塩の界面活性剤で、L-グルタミン酸をアシル化したもののモノトリエタノールアミン塩である。
適度な起泡力、洗浄力をもち、皮膚と同じ弱酸性を示し、心地よい肌触りを与え、毛髪への吸着性に優れている。シャンプー、リンス、石鹸、洗顔料などに安全性の高い洗剤として使用される。
洗浄剤、ヘアコンディショニング剤。
ゴボウ根エキス キク科植物「ゴボウ」の根から抽出されたエキスで、イヌリン、タンニン、多糖類を多く含んでいます。
保湿効果、収れん効果があるので、キメ細かく、うるおいのある肌を持続する目的で、多くの化粧品に配合できます。
ゴマ油 ゴマ科植物「ゴマ」の種子から得られた薄黄色の色をした液状オイルで、ゴマ特有のにおいがあります。主成分は、オレイン酸、リノール酸のトリグリセリドですが、セサミン、セサモール等の抗酸化力のある成分を含んでいます。
肌を柔軟にし、水分の保持効果に優れています。
乾燥から肌を守り、柔軟な肌に整えるオイル製品や各種クリーム、乳液などに使われています。
コメヌカスフィンゴ糖脂質 コメヌカより抽出精製された植物性スフィンゴ糖脂質(植物セラミド)です。
保湿剤、肌荒れ防止剤、細胞賦活剤として化粧品に用いられる。
コラーゲン コラーゲンは、哺乳動物の皮膚、腱、骨、血管などの結合組織の膠原線維を構成している線維状たんぱく質である。その構成は、グリシン、プロリン、アラニン、ヒドロキシプロリン、グルタミン酸、アルギニンなど約20種類のアミノ酸からなっている。
水分保持能力、弾力性を増すので、皮膚の老化防止、若返りの目的で化粧品に使用されている。