English>>

ニーズに120%応える化粧品のご提案! 特許技術・オリジナル処方で提供できるアイテム紹介 柔軟に対応できるロット・コスト・納期 「売れる」商品づくりと事業の成功をサポート!
トラストウイングスの実績 インスクエアへリンク エスコ株式会社へリンク お問い合わせ株式会社トラストウイングスTEL03-5784-1936(平日10:00~18:00)FAX03-5784-1937
あ          英数
    
<化粧品成分名> <成分説明>
アーティチョーク葉エキス アーティチョークは地中海沿岸が原産とされ、欧米では市場や食卓に並ぶ一般的な食材の1つです。
葉に含まれるシナロピクリンという成分に、美白や抗シワ、毛穴ケアなどの作用が認められており、ビタミンCの作用であるメラニンの生成抑制や抗酸化とは異なるメカニズムのため、合わせて配合することにより、より効果的な美白作用が期待されています。
アーモンド油 へントウ油(扁桃油)ともよばれ、扁桃の核仁により採取される無色~淡黄色の油脂。
アーモンド油はオリーブ油と同様、オレイン酸が主成分で80%前後含まれているが、オリーブ油に比較してやや不飽和度が高く、凝固点は相当低い。
エモリエント効果が高く石けん、各種クリーム、サンタンオイルの原科に使用される。
肌を柔軟にし、水分の保持効果に優れています。
アカツメクサ花エキス 原野に生育するマメ科の多年草、アカツメクサの花から抽出したエキス。
花のエキスには、女性ホルモン作用をもつイソフラボン、抗酸化作用をもつフラボノイド、肌の活性化を助けるクマリンを多く含む。
皮膚湿潤、皮膚保護、抗炎症作用、抗シワ効果。
アクリル酸アルキルコポリマーNa 結合剤、皮膜形成剤、親水性増粘剤。
アクリレーツコポリマー またはアクリル酸アルキルコポリマー。
結合剤、皮膜形成剤、ヘアスタイリング剤、表面処理剤。
アスタキサンチン βカロチンと共通の分子構造をもつカロチノイド系色素の一種でエビ・カニなどの甲殻類や、イクラ・オキアミ・紅藻に主に存在する。
これらを茹でると赤くなるのはこの色素による。
高い抗酸化力をもち、活性酸素の中でもシワの生成に深く関わる一重項酸素(活性酸素の一種)を消去する働きがある。
サプリメントで注目される他、化粧品にもシワ・シミなどの肌改善を目的などに使用されている。
アスパラギン酸Na 保湿・湿潤剤
アセチルヒアルロン酸Na 従来のヒアルロン酸の水酸基をアセチル基で置換した構造を持っており、天然由来の保湿効果に優れたヒアルロン酸にアセチル基を導入することにより、使用感と角質柔軟効果がより向上した。
アセチルヒドロキシプロリン コラーゲンに特有のアミノ酸であるヒドロキシプロリンをアセチル化処理したものである。アセチル化処理により、ヒドロキシプロリンのもつコラーゲン合成促進の特性にプラスして、経皮吸収と保湿性も優れている。
皮膚の張り、弾力性を増加させ、皮膚の柔軟性を改善させるなど、皮膚の老化防止の効果が期待できる。
アセチルヘキサペプチド-3 アルジレリン。
6個のアミノ酸が連なったペプチドに酢酸が結びついた物質。
筋肉の収縮に関与する神経伝達物質カテコールアミン(生体アミンのドーパイン、アドレナリン、ノルアドレナリンの総称)過剰放出の抑制およびアドレナリンを貯蔵している細胞の膜たんぱく質を働かなくする作用があり、シワの改善成分として注目されている。
この神経伝達の経路に働きかけ、筋肉の緊張をほどき表情ジワの軽減を促す作用は、ボツリヌス菌毒素注射ボドックス(クリニックでのシワ治療)に似ているといわれ、「塗るボドックス」と呼ばれている。
アテロコラーゲン 不溶性コラーゲンをプロテアーゼ(たんぱく分解酵素)処理して、コラーゲン分子の両末端にある抗原性のあるテロペプチドを除いて精製したコラーゲンをアテロコラーゲンという。もともとテロペプチドはコラーゲン分子本体とは異質なもので、アミノ酸組成も本体とは異なりアレルギー反応の原因にもなりやすい。したがって、テロペプチドを切断除外したアテロコラーゲンはアレルギー反応を起こしにくいコラーゲンいえる。
アテロコラーゲンは、やけどや皮膚欠損部の皮膚カバー材などの医用材として応用してきたが、可溶性コラーゲンと同様に皮膚の保湿効果が期待されるので、化粧品に用いられるようになっている。
ヘアコンディショニング剤、皮膚コンディショニング剤。
アボカド油 ワニナシの果実から得られる淡緑色~暗緑色の油脂である。オレイン酸、リノール酸などの不飽和脂肪酸が多く、そのほかパルミチン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸やビタミンA・B・D、レシチンを含む。
皮膚親和性がよく、柔軟効果に優れているので、クリームや乳液などに使われています。
アラニン 保湿効果が高く、角質に含まれる天然の保湿成分のひとつです。
また、肌表面がアルカリ性にならないようにする働きもあり、角質層のバリア機能を高めます。
アラントイン 消炎効果、鎮静効果、血行促進効果があり、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを防ぐ目的の製品に適しています。
また、マッサージ料などにも使われます。
アルギニン 体内での代謝の中で、尿素やコラーゲンをつくるのに関係しているアミノ酸。 アミノ酸の中では、最もアルカリ度が高いので乳化の時などにアルカリ剤として使います。
アルギン酸Na コンプやワカメなどの褐藻類に含まれる多糖類アルギン酸のナトリウム塩です。
粘性があるので乳化製品やファンデーションなどの安定性を高めるために使われるほか、感触の改良や保湿性保護膜を作るためにも使われています。
アルニカ花エキス キク科植物「アルニカ」の花から抽出したエキスで、成分として、フラボン、タンニン、トリテルペンなどを含んでいます。
消炎効果、鎮静効果、血行促進効果があり、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを防ぐ目的の製品に適しています。
マッサージ料、シャンプー、リンスなどにも使われます。
アルブチン ハイドロキノンの糖誘導体で、コケモモなどの植物に含まれている成分で、原料的には糖とハイドロキノンから合成してつくられています。
無職の針状結晶で、水やアルコールによく溶ける性質を持っています。
メラニン色素合成の鍵を握るチロシナーゼという酵素の活性を抑える作用に優れているので、美白成分として、日焼けなどからシミ・そばかすを防ぐ美白化粧品に使われています。
アロエベラエキス-2 保湿効果、消炎効果があり、肌荒れを防ぐ製品に広く使われています。紫外線吸収効果のある成分も含まれるため、日焼け止め用の化粧品に配合されることもあります。
<化粧品成分名> <成分説明>
イソステアリン酸 炭化水素から合成される飽和脂肪酸。無色~薄い黄色をした液状のオイルです。
安定性が高く、常温で液状の脂肪酸なので常温で固形状のステアリン酸などと混ぜて使うことにより、安定性を高めたり、感触を改良する目的で使われています。
イソフラボン フラボノイドの一種で、フラボノイドにはイソフラボンの他、フラボン、フラボノール、フララバノール、フラバノン、カテキン、エピカテキン、カルコンなどがある。
フラボノイドは、植物に広く分布する成分群で、そのもつポリフェノール構造による抗酸化性から、化粧品・医薬品・食品に広く利用されている。
イソロイシン L-イソロイシンは、L-ロイシンとともに、細胞間脂質とよく似た構造(ラメラ構造)をつくるマイクロエマルションの水分保持力を高める。
ほとんどすべてのたんぱく質にL-ロイシンとともに存在する。
ペプチオホルモンやペプチド抗生物質の構造成分である。
皮膚コンディショニング剤、ヘアコンディショニング剤などに使用される。
イチョウエキス イチョウの葉から抽出したエキスです。多量のフラボノイドを含んでいます。
イチョウの葉には、血管拡張の薬理作用があることが認められるようになり、医薬品として評価されている。
化粧品分野では、保水・保湿・皮膚柔軟性・シミやそばかすの防止などの美容効果が報告されています。皮膚の血行を良くして健康的な肌にする目的で、クリーム・乳液・入浴剤などに使用されています。。
また、育毛効果と抹消血行改善効果を期待して、育毛料に広く配合されています。
イノシン酸2Na 皮膚コンディショニング剤。
イランイラン油 植物精油。イランイランの花を原料としたフローラルの香調です。
<化粧品成分名> <成分説明>
ウイキョウエキス セリ科植物「ウイキョウ」の果実(フェンネル)から抽出したエキスです。
淡緑褐色~黒褐色の液体で、特異臭がある。
抗菌作用、皮膚細胞の活性効果があり、育毛用の化粧品に適しているほか、ニキビケア製品にも応用できます。
近年、紫外線障害の修復作用(DNA修復活性を高めて細胞の突然変異を防ぐ作用)が見出されている。
ウイキョウ油 植物精油。
アニス油。アニスシード油。
セリ科植物「アニス」の果実(種子)を原料とし、アニス香気の強い黄色油である。
石鹸、洗剤、歯磨き、口中剤香料として利用されている。
※「ウイキョウ」を原料とする精油は「フェンネル油」参照。
<化粧品成分名> <成分説明>
エイジツエキス バラ科植物「ノイバラ」あるいはその近縁植物の果実から抽出したエキスです。
含まれる成分としては、クエルセチンなどのフラボノイド類、リコピン、ビタミン類を含んでいます。
美白効果、保湿効果、収れん作用、抗酸化作用、抗アレルギー作用、皮膚細胞の活性効果などがあり、美白化粧品や肌荒れ防止化粧品などに広く配合されています。
エーデルワイスエキス エーデルワイスには、進化の過程でアルプスの厳しい環境ストレスから身を守るために獲得した多種のアンチストレス成分が豊富に含まれており、抗酸化、フリーラジカル消去作用が高い。
コラーゲンやヒアルロン酸の分解酵素阻止作用、チロシナーゼ阻害作用、消炎作用、防腐作用、殺菌作用などが相乗的に働き、アンチエイジングやホワイトニングなどの効果に優れた成分を含む。
液状ラノリン ラノリンの固形部分を除去し、液状部分を取り出した黄褐色の粘性な液体で、エモリエント効果があり、皮膚に対して浸透性・拡散性がよく、ラノリンよりも溶解性、特に鉱物油との相溶性がよい。
ラノリンの代わりに乳化安定剤、色素の可溶化剤、分散剤として各種化粧品に使用されている。
エタノール エチルアルコール。無色透明な揮発性の液体である。
一般には単に「アルコール」と俗称されており、酒に酔う酩酊成分である。穀類などのでんぷんを発酵させて作ったり、化学的に合成して作られています。
化粧品に用いられるアルコールは、苦味や香りをつけて飲料にならないよう加工してあります。
収れん剤、消泡剤、粘度低下剤、溶剤、抗菌剤など、化粧品には欠かすことのできない原料です。
アルコールは、配合量によりその主な働きや安全性の度合いが違います。また、一緒に配合されている他の成分の影響も受けますので、一概にエタノールが入っているものをすべて刺激が強いなどと思うのは誤解ですが、アルコールに敏感な人は使用を避けるのがベターです。
エチルパラベン 防腐剤。
エチルヘキサン酸セチル セタノールと2-エチルヘキサン酸より合成した液状エステルである。
水鳥の羽毛脂に似た合成油(パーセリン)で、皮膚に対する刺激もなく、脂ぎらない使用感を与える。のびがよく、さっぱりした感触が得られるので、油性成分、エモリエント剤として、クリームや乳液などに広く使用される。
頭皮用化粧品に用いても、べとつかず、のびがよく髪を柔軟にする。
エデト酸 キレート剤。
エラグ酸 南アメリカのマメ科植物「タラ」を出発原料とするポリフェノール構造を有する化合物です。
チロシナーゼの働きを抑えることで、メラニン色素の生成を抑え、美白作用がある医薬部外品の主剤として承認されています。
塩化Na 食塩として用いられている塩で、化学名を塩化ナトリウムといいます。
収れん作用があるので、肌のキメや毛髪のキューティクルを整える目的で幅広く配合されているほか、感触の改良や製品系の安定化のために配合されるされることもあります。
<化粧品成分名> <成分説明>
オウゴンエキス シソ科植物「コガネバナ」の根である黄芩(オウゴン)から抽出されたエキスです。
抗炎症作用、抗アレルギー作用、チロシナーゼ阻害作用、抗菌作用、収れん作用などがあり、肌を清潔に保ち、肌荒れを防ぐ化粧品の配合に適しています。
近年、オウゴンエキスに含まれるフラボノイドに紫外線吸収作用のあることが見出され、フリーラジカル消去作用が知られている。
オクチルドデセス-10 乳化剤。
オクラエキス アオイ科植物「オクラ」の果実から抽出されたエキスです。
保湿性、ヒアルロン酸産生促進作用、肌荒れ改善作用が期待され、化粧水、クリーム、乳液などに使用される。
オドリコソウエキス シソ科植物「オドリコソウ」の茎、葉、花から抽出したエキスで、成分としてタンニンやフラボノイドを含んでいます。
消炎効果、収れん効果があるので肌荒れ防止や肌のキメを整える化粧品に配合されています。
オランダカラシエキス セリ科植物「オランダカラシ(クレソン)」の全草から抽出したエキスです。
血行促進効果と皮膚細胞の活性化効果があり、育毛用の化粧品、加齢対策の化粧品に適しています。
オリーブ油 オリーブの果実から採取される淡黄色~淡緑黄色の油脂で、わずかに特異なにおいがある。
オレイン酸が主成分で平均82.5%含有し、その他リノール酸、パルミチン酸を含有している。
オレイン酸が主成分であるため、良質の石鹸原料として使用されるほか、皮膚に対してエモリエントな感触を与えるので、各種クリームやマッサージオイル、サンオイル、口紅などに広く用いられる。
オレイン酸 オリーブ油、ツバキ油、牛脂などの油脂を原料として加水分解(けん化分解)したのち、蒸留精製して得られる。オレイン酸は、無色~淡黄色の透明な液体であるが、空気中で徐々に酸化して着色し変敗臭を生ずる。
流動性の良い乳液、軟らかいクリーム、泡立ちの良い液体石鹸やシャンプーの原料として用いられる。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Na 洗浄剤。
オレンジ油 植物精油。オレンジの果皮を圧搾して採油しています。
柑橘系のさっぱりとしたフレッシュな香りがあり、香水・化粧水・石けん・洗剤などのフレグランスとして使用されています。
疲れや緊張を解きほぐす作用のある天然の香料で、保湿効果、皮膚の活性化作用、洗浄効果もあるといわれています。